Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Smily Books Blog

「すまいりブックレビュー」から引っ越しました。

「すまいりブックレビュー」(2013年まではこちら)

不安な未来を生き抜く知恵は、歴史的名言が教えてくれる 竹中 平蔵(SB新書)

 

1.リーダーの3条件

(1)自分で洞察する(将来を観る)ことができる
(2)説明する力のある(話の上手い)人(口下手はダメ)
(3)組織(チーム)全体を動かす力のある人

2.好機の捉え方
(1)好機は待つのでなく自ら作り出す
(2)普段から準備に努力していること

3.悲観主義は気分、楽観主義は意志(アラン)
 楽観主義をドライブさせるには、アーリースモールサクセス(早い時点で小さな成功事例を作る)が必要

4.一人当たりGDPの高い国
(1)ルクセンブルクノルウェー、スイス、シンガポール、香港と人口の少ない国
(2)人口が少ない方が国力として、得意分野を特化しやすい(日本の場合人口が多すぎるため、地方分権が解)

5.コンパスオーバマップス伊藤穰一
 案内図の地図はすぐ古くなってしまうため、目的地(何をしたいのか)を目指すコンパス(軸)が重要

6.チャンスは貯金できない(キッシンジャー
 東京オリンピックのような二度とないチャンス(機会)は、大きな締切(デッドライン)と捉えてみる

7.(重要な決定に)コンセンサスはさほど重要ではない(サッチャー
 コンセンサスに時間をかけ過ぎるのは、時間浪費の原因

幸せセラビー 斎藤 一人(KKロングセラーズ)

 

1.心とは

(1)ころころ変わるから「こころ」
(2)ここる(狭く凝り固まってしまう)から「こころ」
 →人も自分も許す(固まった心を「ゆるます」)事が必要

2.人生暗くなったら電気をつける
(1)人生落ち込んだ時にこそ、「何かいい事が起きそうだ」と心に電気をつける
(2)人生明るい時には、電気は不要

3.劣等感、心配はすべて恐れから出てくる
(1)恐れのない人生はない
(2)恐れを利用して人生を楽しむしかない

心が折れない働き方 岡野 雅行(青春出版社)

 

心が折れない働き方 (青春新書インテリジェンス)

心が折れない働き方 (青春新書インテリジェンス)

 

1.情報(インテリジェンス)が大事

(1)付き合いのある会社とは儲けも折半(そうすればまた情報→仕事がもらえる)
(2)調整役を入れる(自分だけで儲けようとしない) 

2.もらったら「倍返し」
 人から何か(お金、品物など)もらったら、必ず倍にして返す

3.業界のしきたり(既存勢力、既成ルール)には踏み込まない
(1)既存の業界の領域に踏み込まない形で仕事をする
(2)割の合わない仕事、難しすぎてできない仕事をあえてやる
(ただし、とびきりの腕とアイデアがないとダメ)

4.あまのじゃくでなく変わり者になる
 人の逆をするだけ(あまのじゃく)でなく、人の先を行くのが変人

5.国も銀行も信用しない

6.ツール(CAD)に縛られない
 図面(CAD)があるとそれだけのものしか作れなくなる

人生は負けたほうが勝っている 山崎 武也(幻冬舎新書)

 

人生は負けたほうが勝っている―格差社会をスマートに生きる処世術 (幻冬舎新書)

人生は負けたほうが勝っている―格差社会をスマートに生きる処世術 (幻冬舎新書)

 

1.説得の仕方

(1)相手を説き伏せてはいけない
(2)お互いに話したり相談したりする雰囲気にする
(そのためには一度騙されたと思って100%相手の意見を受け入れてみる)

2.寄付と偽善
 寄付の前に身近な義務を果たすのが先(隗より始めよ)

3.人並みと並外れの間を目指す
 自分の力量の少し上を目標とする

4.捨印は押さない
 契約書の実印を押した後に(契約内容訂正に備えて)欄外へ捨印を押すのはおかしい

5.変化は(必ずしも)進歩ではない
(1)とりあえず変更するのあ退歩の場合も多い
(2)マンネリの中に良いものを守り続けている内容もあり

質問する力(Inquisitive Mind) 大前 研一(文春文庫)

 

質問する力 (文春文庫)

質問する力 (文春文庫)

 

1.地価下落と国の基本方針

(1)1990年代からの地価下落で600万人が住宅ローンしたにもかかわらず、その金で景気は回復しなかった
(2)国民のお金で救済されたのは銀行、ゼネコン、不動産会社(それが国の基本方針だから)

2.1985年
(1)ゴルバチョフ登場
 ①ソ連崩壊からアメリカ経済の復活
 ②冷戦がなくなり、アメリカは軍事費から経済投資へ移行可能になる
 ③80年代財政、貿易の双子の赤字だったアメリカが90年代に日本を抜き返す
(2)プラザ合意
 ①アメリカの貿易赤字救済と日本の貿易黒字削減が合意事項
 ②その後、1ドル235円から80円以下(1994年)になる
 ③日本は国外の高品質製品(例:カナダ産住宅)を輸入して生活向上できるはずだったが、
  輸入規制ブロック(例:農業保護)で享受できず
 ④日本の生活向上に使われなかったお金は土地と株へ集中(バブル経済の実態)
(3)AG(アフターゲイツ
 ①デル
  CRM(顧客と企業を電話やネットで直結し、販売店や問屋を排除)
  SCM(注文されてから製品を短期間に完成させ、在庫を極限まで減らす)
 ②シスコ
  ネット注文すると100以上あるうちの必要な会社へ自動指示される
  顧客から見ると一つのシスコにしか見えない(VSC:バーチャルシングルカンパニー)

3.2002年の日本
 3月期決算で東証上場全企業の全損益足すと1兆円の赤字転落