Smily Books Blog

「すまいりブックレビュー」から引っ越しました。

「すまいりブックレビュー」(2013年まではこちら)

あなたがこの世に生まれてきた意味 諸富 祥彦(角川新書)

 

あなたがこの世に生まれてきた意味 (角川SSC新書)

あなたがこの世に生まれてきた意味 (角川SSC新書)

 

 1.心のむなしさ

(1)2種類の精神的な空転(実存的空虚)(フランクル
 ①急性の実存的空虚(例:命がけの仕事が失敗など)
 ②慢性の実存的空虚(例:単調な毎日から生きることがむなしくなる)
(2)空虚感こそ、飛躍的成長の前兆と捉える(マズロー
 ①欠乏動機(足らない、満たされないものを求めているだけ)
  生理的→安全→所属(ある集団に所属していたい)→他者承認(他の人から認められたい、愛されたい)→自己承認(自分で自分を認めてあげたい)
 ②成長動機(経験を豊かにして、成長したい)
  自己実現(自分の可能性を発揮し、成長したい)→自己超越の欲求(自分自身を超えたものとつながっていたい)
 ③高次病(成長動機(高次元の動機)まで高まっても、突然停滞する時期がある)
  自分の人生を意味、理由もなく空虚だと感じる
  →自分自身を見つめ過ぎる事が原因
  →自分を必要としている何か、誰かに関心をよせること

2.自己について
(1)自分らしさへの過剰な動機付けと自己喪失
 個性を発揮せよと過剰に求められると、他者を意識しすぎて自己喪失してしまう
 →集団に属せず、孤独でもよいとする勇気を持つこと

3.自分の心の声を聞く方法
(1)フォーカシング
 ①自分の想い、感想を文章にしてみる
 ②読み直してみて、筋も通っている、論理的にも正しいが、何かしっくりこない部分(フォルト・センス)を探す
  →何か腑に落ちない、ちょっと違う感じの違和感は、自分の内側から生まれている
 ③自分が感じた違和感を大事にし、認め、その後ぴったりくる文章や言葉が浮かんでくるまでゆっくり待つこと
(2)傾聴(してもらう)
 ①自分の思い、感想を他の誰かに傾聴してもらう
 ②相手に自分の気持ちを話しているうちに、自分の本当の気持ちに気づく

4.仕事の選び方
(1)魂の生活と一致する仕事(天職)が一番だが、
  選べないなら、できるだけ仕事の分量は減らし、趣味や余暇で自分らしさを持つこと(阿部次郎)
  →天職は「ただしたいことをしてるだけ」というものではなく、「これが本当にやりたいことだ」と心の底から言えるもの
(2)本当にやりたいことが見つかって、それが今の仕事でない場合
 ①いきなり転職する必要はない
 ②ボランティアでもいいので少しずつ、ただしできる限り早く始めること

5.人間関係
(1)ダス・マン(頽落した人)(ハイデカー)
 世間とのしがらみを大事にするあまり、世間の価値観や物の見方で自分を理解しようとしてしまう(自分を見失っている)
 →人間関係のダイエット、断捨離が必要
(2)孤独力を身につける
 ①自分の人生に最後まで関わるのは結局、自分しかいない
 ②イザとなれば、全員に嫌われてもいいという信念、覚悟が必要
(3)ソウルメイトの見分け方
 ①お互いに沈黙できる(無理に話を続けようとしない)
 ②他の人には相談できないような悩みを相談できる
 ③話していると、自分の本当の気持ちに気づける

6.恋愛・結婚
(1)現代の日本は「結婚できて当たり前」と考えてはいけない
 50歳男性のうち一度も結婚していない人が2割(2010年国勢調査結果)
(2)孤独(未婚、離婚、配偶者の死)になったら、すぐに孤独死に結びつけるのはおかしい
 今後は家族世帯より単身世帯が多くなるため、単身者同士が孤独にならない社会作りが必要
(3)結婚の決め手はうまく言葉で説明できないもの程よい
 ①具体的に条件を決めて結婚するとそれが打算となり、結婚後に条件が変わった時に大きな後悔となる
 ②打算を超えた所の必然性の感覚で、理由もなく一緒にいたいと思っているかどうかが大事
 ③相手が好きかどうかより、必然性の感覚が大事

7.子育て
(1)三歳児神話(三つ子の魂百まで)のウソ
 ①世界中の国の調査で三歳児神話を立証するデータは一つもない
 ②「3歳児までは自分の手で育てないと」という思い込みから、親がストレスを溜め込み、結果的に子供に悪影響を与えている
(2)子どもと同じ土俵で喧嘩してはいけない(必ず親が先に一歩引くこと)
(3)子育てがうまくできないと自分を責めないこと
 自分(親)を責め出したら、まず自分自身の心を立て直すのが先決(子育ての優先順位を下げること)

8.お金
(1)日本人はワーカホリックでマネーホリック(貯蓄依存症)
 GDPは世界3位だが、時間単位(時給換算)のGDPはかなり低い

9.病気
(1)何度も繰り返される身体症状には人生で取り組むべきテーマが隠されている(ミンデル)

10.死
(1)3つの特徴(ハイデカー)
 ①追い越し不可(仕事や勉強のように先に済ましておくことができない)
 ②交換不可能(自分の代わりに他の人にやってもらうことができない)
 ③孤独(その経験は自分一人でしか感じられない)
(2)ダブル(魂の本質)
 死の直前に自分の分身である魂の本質が現れる事がある