Smily Books Blog

「すまいりブックレビュー」から引っ越しました。

「すまいりブックレビュー」(2013年まではこちら)

「自分がイヤだ!」と思ったら読む本 心屋 仁之助(中経出版)

 

1.自分を信頼する方法(自信のつけ方)

(1)自分を見つめ、自分ができないこと、欠けていることを認識する
(2)自分をあきらめ、自分の弱さを認め、自分に期待がなくなると、自分の強さ、可能性が信じられてくる

2.問題の意味
(1)問題(取り組むべき課題)に良いも悪いもない
(2)幸福も不幸もない、ただ単にやるという事実に取り組むこと

3.自己中でなく自分中心
 自己中(自分勝手、自分さえ良ければいい)でなく自分中心(全部自分の意思で決め、自己責任で生きる)

4.否定命令からの解放
(1)「○○しないでください」と言われれば言われるほど、○○を意識してしまう
(2)対応するには、まず「○○でもよい」と一旦、認めてしまうこと(気持ちを緩める)
(3)次に、「○○でもよい」「○○でなくともよい」と選択権を自分に与えてあげること
 →「○○しかない」と物事に執着すると、それができないと自信喪失に繋がる

5.いいセルフイメージ
 長所も短所もそのまま事実として認めた上で、それを自分の土台と考える事

6.行動と考え方の見直しはどちらが先でもよい
(1)行動を変えれば考え方が変わる
(2)考えを変えれば行動が変わる

7.パターン(習慣)からの解放
 たまにはパターンをくずしてみる(たまには寝坊、たまには遅刻など)

8.自分の成長はすぐには気づけない(ゆっくり変化するため)
 10年前の自分が何をしてどう感じていたかわかるように記録をつけておく