Smily Books Blog

「すまいりブックレビュー」から引っ越しました。

「すまいりブックレビュー」(2013年まではこちら)

一流の人は本気で怒る 小宮 一慶(文春新書)

 

一流の人は本気で怒る (文春新書)

一流の人は本気で怒る (文春新書)

 

1.日本の名目GDP
(1)およそ4兆ドル(米国が17兆ドル、中国が10兆ドル)
(2)1991年頃から変化(成長)なし
 →戦前教育を受けた人たちが政財界から引退した頃と重なる
(3)累積の財政赤字GDP比220%(破綻したギリシャでも180%だった)

2.成功と失敗(ビジョナリー・カンパニー②)
うまくいったときは窓の外(自分以外の成功要因)を見て、失敗したときは鏡(自分)を見る

3.エニアグラム(9つの性格別マイナスの怒りの矛先)
(1)完全主義者(ルールに収まらない4のタイプの人にストレスを感じやすい)
(2)人を助けたい(他人に感謝しない8のタイプの人にストレスを感じやすい)
(3)成功したい(のんびりしている9のタイプの人にストレスを感じやすい)
(4)特別な存在になりたい(人間関係重視の2のタイプの人にストレスを感じやすい)
(5)知識を得た観察者(自分の知的好奇心と一致しない7のタイプの人にストレスを感じやすい)
(6)安全かつ慎重な行動(和を乱す3のタイプの人にストレスを感じやすい)
(7)楽しさを求め計画(嫌なことをさせようとする8のタイプの人にストレスを感じやすい)
(8)強さを求め自己主張(管理できない大局傍観型5のタイプの人にストレスを感じやすい)
(9)調和と平和(のんびりしていない6のタイプの人にストレスを感じやすい)

4.最高のリーダー
(1)何もしていない(と部下に思われるほど、存在を意識させない)リーダー
(2)何もしなくても済むような仕組みをあらかじめリーダーが作っておくこと

5.コミュニケーション
(1)意味(理屈)だけでなく意識(感情)を共有しながら伝える
(2)聞く側にとってのバリュー(価値のあること)だけでなく、インパクト(心を動かす)も考える事
(3)直接本気で怒る(インパクト)だけでなく、その後に相手の腑に落ちる説明や指導(バリュー)も行う