Smily Books Blog

「すまいりブックレビュー」から引っ越しました。

「すまいりブックレビュー」(2013年まではこちら)

リーダーのコミュニケーションの教科書 沖本 るり子(同文館出版)

 

相手が“期待以上

相手が“期待以上"に動いてくれる! リーダーのコミュニケーションの教科書 (DO BOOKS)

 

 1.部下から「(そんな事)聞いてません」と言われたら

(1)例え指示していたとしても、相手を責めると言った言わない論争になり無意味
(2)聞いた側(部下)がどのように解釈していたかをよく確認すること

2.本当の事を報告してくれない部下がいたら
(1)自分がまず心を開き、相手のことを本当に気にかけてあげない限り、相手(部下)も心は開かない
(2)愚痴も言われないようなリーダーは、部下から全く信頼されていない証拠

3.相手を褒める時も指摘する時も客観的事実で話す
 ただし、最終的にどう伝わるかは相手の解釈次第

4.融通が効かない部下がいたら
(1)目標のみ(何をして欲しい)でなく目的(何のためにこれを行うか)も伝えること
(2)目的共有できれば、部下から発展的な解決法が得られるかもしれない

5.部下が言いづらそうにしている時
(1)話ベタな人は、結論が最後に来る場合が多いから、最後まで我慢して聴いてあげること
結論を先に述べるよう指導するのは、部下との信頼関係を築いた後にすること
(2)自分の経験と照らし合わせて、相手の言いたいことを先回りして決めつけ解釈しないこと
相手が誰であっても自分とは違う人間だから、相手の言いたいことをすぐに理解できるなどと思わないこと

6.何でもかんでもキーワード毎にオウム返しであいづちすると、相手はバカにされているのかと不快になる
 話している相手の気持ち、行動に焦点をあててあいづちすること
 →例:「営業部長の伝票が遅くて大変だ。頭にくるよ」
  (1)「それは大変だ。頭にくるね〜」はOK(まずは感情共有)
  (2)「伝票が遅いんだ。ちゃんと伝わってるのかな?」はNG(事実確認は後でよい)

7.相手を責めるような質問(過去質問)はしないこと
(1)「(悪い結果に対し)なぜそんな事したの?」と相手を追求するような質問はしない
 ①悪い結果に対しては人間でなく、その問題・原因を対象に質問(確認)すること
 ②良い結果に対し、「どうやってやったの?」と人を対象に質問するのは(相手も気持ちが前向きになって)よい
(2)「じゃあこれからどうしたらいいかな?」と未来質問に切り替えること
ただし、相手に質問を突き返すのでなく、一緒に考え、相手が答えを導き出せるようなストーリーを紡ぎ出せる質問が理想的